市販の便秘薬

MENU

市販の便秘薬の効果と注意点


便秘薬は使っても良い?」で説明したとおり、便秘薬には浣腸と下剤があり、
そのうち浣腸や刺激性下剤は妊娠中には使うべきではありません。


下剤のなかでも副作用が起きにくく、妊娠中に服用しても比較的安全であると考えられる、
酸化マグネシウムを含んだ塩類下剤の使用が望ましいです。


ここでは、市販の便秘薬について、その効果と注意点を説明します。
妊娠中に便秘になった場合、かならず医師に相談したうえで
便秘薬を使用すると思いますが、事前に知識をつけておくことも大事です。


コーラック


「便秘にはコーラック」という言葉が頭に残っている人は多いかもしれません。
それほど、便秘に悩む女性にとって有名なのが大正製薬のコーラックです。


コーラックにはいくつか種類があります。
はじめて使う人にオススメの「コーラックファースト」、効き目を調節できる「コーラック2」、
慢性便秘にも効く通常の「コーラック」などです。


最近は、比較的おなかやカラダにやさしい「コーラックファイバー」「コーラックハーブ」
「コーラックソフト」なども販売されており、また即効性の非常に高い「コーラック坐薬タイプ」もあります。


それぞれ含有成分は違いますが、基本的にコーラックは弛緩性便秘に作用する刺激性下剤に分類されます。


刺激性下剤は腸を刺激して、便を排出するための機能である
腸のぜんどう運動」を強引に引き起こすものです。
非常に効果が出やすい半面、腹痛や下痢などの副作用をともなう場合があります。


妊娠中の便秘には、基本的に使用してはいけません。
特に妊娠中期以降は、服用によって流早産を起こす危険性もあります。
自分の判断で使用せず、服用前にかならず医師に相談しましょう。


ちなみに、コーラックハーブにはセンノシド、コーラックソフトにはピコスルファートナトリウム、
コーラックファースト・コーラック2・コーラックにはビサコジルが使用されています。


妊娠中の場合は、センノシドを含んだものよりも、
ピコスルファートナトリウムやビサコジルを含んだもののほうがオススメです。
ただし、事前の医師への相談、なるべく使わないという意識は大事です。


ラキソベロン


妊娠中の便秘解消のために処方される薬として、ラキソベロンがあります。


ラキソベロンはセンナや大黄などと同じく刺激性下剤として、
腸のぜんどう運動をうながす便秘薬ですが、センナなどとの違いとして
副作用が比較的少ないという点があげられます。


刺激性下剤には、センナやダイオウなどのアントラキノン系と、
ピコスルファートナトリウムやビサコジルなどのジフェニルメタン系があります。


ラキソベロンは、後者のジフェニルメタン系の成分であるピコスルファートナトリウムを含んでおり、
効果は確かなものの、副作用がアントラキノン系の刺激性下剤よりも少なく、
比較的カラダにやさしいのが特徴です。


そのため妊婦さんにも処方されることがありますが、
体調によって、または相性の悪さで腹痛を起こすこともあります。


また刺激性下剤なので、長期の連用は避けるべきです。
腸が疲弊、慣れなどを起こして、より多くの便秘薬を必要とするようになったり、
便秘薬なしでは排便がむずかしい状態になったりする可能性があります。


また大腸の粘膜が色素沈着を起こして黒ずみ、その部分の働きが悪くなったり、
大腸メラノーシスになったり、ひどい場合には大腸がんを誘発したりする可能性もあるようです。


自己判断で使用せず、かならず医師に相談したうえで使用することをオススメします。


マグミットやマグラックス


妊娠中の便秘のときに処方される便秘薬として非常にポピュラーなのが、
マグミットやマグラックスという酸化マグネシウムを含んだ便秘薬です。


酸化マグネシウムは腸内の浸透圧を高めて、ウンチの水分量を保つ作用があります。
水分を多く含んだ便は腸内での滑りが良くなり排便がしやすくなりますし、
便のカサ増しによって腸が刺激されてぜんどう運動がうながされます。


副作用らしいものはあまりないですが、牛乳を大量に飲むなどしてカルシウムを
多めに摂った場合、高カルシウム血症などを起こすおそれがあります。
長期間、大量に使用すると高マグネシウム血症を起こすこともあります。


使用前には医師に相談して、また注意点をきちんと確認して、妊娠中の便秘対策として使いましょう。