妊娠中の便秘薬の服用

MENU

妊娠中に便秘薬は使っても大丈夫?


妊娠中に便秘薬を使っても良いのだろうか、と疑問に思う妊婦さんは多いと思います。


妊娠前であれば、そこまで気にかけずに使っていたかもしれませんが、妊婦になったあとでは、
母体の健康や切迫流産や切迫早産、赤ちゃんへの影響などを考えてしまうのではないでしょうか。


結論としては、浣腸や一部の刺激性下剤などの便秘薬は、
妊娠中には使ってはいけない、もしくは使わないほうが良いです。
便秘薬の種類と使ってはいけない理由について、説明します。


便秘薬の種類と効果


いわゆる便秘薬には「浣腸」と「下剤」があります。
浣腸はよほどひどい便秘にならないかぎりは使わないものなので、下剤のほうが馴染みがあると思います。


浣腸は硬い便になってしまってウンチが出ない、何日間も便秘が続いているという症状のとき、
非常に即効性の高い便秘薬として活躍します。
しかし普段は良いですが、妊娠中には使うべきではありません。


浣腸自体の説明書に「流早産の危険性があるので使用しないことが望ましい」という記載があります。
浣腸を使う場合は、かならず事前に医師や薬剤師などに相談しましょう。万が一があってからでは遅いです。


浣腸ではない便秘薬として、市販されていて馴染みが深いのが下剤です。


下剤には、酸化マグネシウムを含み作用が強くはないものの副作用も少ないとされる
塩類下剤」と、効果が高く副作用も強く出る「刺激性下剤」があります。


酸化マグネシウムを含む塩類下剤には、
腸壁によるウンチの水分の吸収を抑えて、硬い便をやわらかくする効果があります。
そのため、何日間も便秘が続いていてウンチが硬くなっている場合に特に有効です。


効果は刺激性下剤ほど見こめないものの、比較的カラダにやさしい成分でできているので、
産婦人科で処方されることもあるようです。「マグミット」「マグラックス」などの商品が有名です。


刺激性下剤には、センナやセンノシド(センノサイド)、ダイオウなどの生薬を含む「アントラキノン系」と、
ビサコジルやピコスルファートナトリウムなどを含む「ジフェニルメタン系」があります。


これらは大腸を刺激して、無理やりぜんどう運動を起こして便秘を解消するというものです。
浣腸ほどではないにせよ即効性があり、便秘の症状がひどい女性には
手放せない存在になっているケースも多いようです。


妊娠中は刺激性下剤の服用は控える


酸化マグネシウムを成分とするマグミットやマグラックスなどは、
妊娠中でも使える場合が多いようで、産婦人科医に処方されるケースもあります。


注意したいのは、より効果があるものの副作用も強い刺激性下剤です。


刺激性下剤は腸を刺激してぜんどう運動をうながすものなので、
無理やり動かされた腸が疲れますし、常用すると自力で排便するチカラが弱くなり、
便秘が習慣化してしまう可能性があります。


妊娠中に使うと、流早産になる可能性もあります。決して素人判断で
服用することはせずに、使用前に医師に相談することをオススメします。


妊娠中は塩類下剤を使う


上記で説明したように、センナや大黄、アロエ、ビサコジルなどを使った刺激性下剤は、
妊娠中の便秘対策として使うのは避けるべきでしょう。
母体だけでなく赤ちゃんへの影響が心配されるからです。


使うとしても、事前の医師への相談は必須です。
かならず相談して、医師や薬剤師の判断をあおぎましょう。


下剤のなかでも、塩類下剤に分類される酸化マグネシウムを使った便秘薬は、
刺激性下剤にくらべると効果は弱いものの、カラダにはやさしくできています。
医師への相談は必要ですが、使えないわけではありません。


マグネシウムはミネラルウォーターにも含まれる成分であり、摂り過ぎなければ問題はありません。


ただし摂り過ぎると高マグネシウム血症を起こしたり、
大量の牛乳とあわせて飲むことで高カルシウム血症を起こしたりする可能性があります。
硬度の高いミネラルウォーターをがぶ飲みするのも避けたほうが良いでしょう。


これらの注意点を守れば、マグミットやマグラックスなどの塩類下剤は、妊娠中にも使える場合があります。


しかし繰り返しになりますが、事前の医師や薬剤師への相談は必要事項です。
自分の健康のためにも、そして胎児への影響、流早産の危険性を考えたときの
安全性確保のためにも、かならず医師に相談してください。