腸内フローラの改善

MENU

腸内環境を改善する方法


妊娠中には、医師に処方された便秘薬は使っても良いと考えられますが、基本的には薬に頼らずに便秘解消をするのが、自分の体にも、赤ちゃんにも良い方法だと言えます。


その点では、善玉菌を増やすことで腸内環境を改善するというのが最もカンタンで身近な方法だと思いますので、それについて詳しく説明します。


参考 : 腸内環境を改善せよ!善玉菌を増やす90日の記録


腸内フローラとは


腸内環境を考えるうえで欠かせないのが、腸内フローラの存在です。


腸内フローラとは、人間の腸内に存在する多種多様な細菌の集まりのことで、大きくわけて3つのチームが存在します。それらは、善玉菌・悪玉菌・日和見菌と呼ばれています。


腸内フローラをつくっているこれらの細菌のグループは、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%が最適なバランスと言われています。腸内フローラが良いというときは、この理想のバランスに近い状態であると言えます。


腸内フローラが乱れて悪玉菌が増えると、便秘になったり、肌荒れが起きたり、口が臭くなったり、おならが臭くなったりします。


悪玉菌は肉類(タンパク質)を分解して有害なガスを発生させますが、それが腸にたまって便秘を誘発したり、呼気に混ざって吐息を臭くしたり、皮膚で常在菌を活発化させたり、おならに混ざって臭くなったりするのです。


参考 : オナラの臭いに悩む男のブログ


悪玉菌を減らすには、善玉菌を増やすことです。善玉菌の代表格であるビフィドバクテリウム属(ビフィズス菌)を増やすことで、腸内の短鎖脂肪酸が増えます。


乳酸や酢酸などの短鎖脂肪酸が増えると、腸の活動が活発になってぜんどう運動が促進され、便通が改善されます。また、悪玉菌の生育を阻害して、悪玉菌の数を減らします。


ビフィズス菌を増やす方法


腸内のビフィドバクテリウム属を増やすには、ヨーグルトや乳酸菌サプリメントでビフィズス菌を摂取したり、漬物や味噌などで乳酸菌を摂取したりして、ビフィズス菌がすみやすい環境をつくることが大事です。


参考 : ヨーグルトでおなかの張り解消 - 便通改善にオススメの乳酸菌


また、オリゴ糖も活躍します。オリゴ糖はビフィズス菌の栄養源なので、それを摂取することでビフィドバクテリウム属の増殖を促進できるのです。


ヨーグルトやサプリメントで摂ったビフィズス菌や乳酸菌は、自分の体になじまずに、すぐに排出されてしまうこともありますが、オリゴ糖はもともと体内に根付いている菌を増やすので、効果的なのです。


おすすめのヨーグルト


ビフィズス菌を増やすのに適したオススメのヨーグルトとしては、特定保健用食品である森永乳業の「ビヒダス」シリーズがあります。


ビヒダスヨーグルトには、ビフィドバクテリウム・ロンガム・BB536という菌株が100mlあたり20億個含まれており、これを摂取することで腸内フローラを良い状態にできる可能性があります。


参考 : ヨーグルトに含まれる菌の種類と効果 - オススメの乳酸菌


便秘になると毎日が憂鬱になりますし、おなかの中の赤ちゃんへの影響も心配になります。なるべく早めに解消することで、精神的にも肉体的にも健康になることができると思います。


参考 : 便秘な毎日


便秘というと、まわりの人には大した問題ではないと思われることもありますが、妊婦にとっては本当に重大な問題のひとつだと認識して、きちんと対策していく必要があるのです。